« 新仮面ライダーのモチーフは“カブトムシ” | トップページ | JD JAPAN「Tranz X 折畳みハンドルバー JD-MTB414」購入しました、と初見 »

2006年1月18日 (水)

今更、2005東京国際自転車展

 今更なんですが、2005年11月03~05日に東京ビックサイトで行われた、2005東京国際自転車展で見かけた小径車関係をまとめ。

 「イージーアップウエルビーイングコロンブス自転車」(Easy Up)13~14kg。真ん中折れで後輪を立てて前輪と平行にすることが出来ます。なかなか考えた折畳み機構です。
 「Mobiky」(Mobiky)13kg。ANTを思わせる折畳み機構です。
 「キャリーバイク」(ルッツ)12.5㎏。折畳み手順が煩雑なのと、後輪とチェーンが上に来てしまうのであんまり実用性は低い感じ。
 「MC-1」(村山コーポレーション)12.9㎏、カートになる折り畳み自転車。面白いですが、イージーアップの方が完成度が高いように感じます。
 「Carry-Me」(Pacific Cycles)7 kg。HandyBike似ですが折畳み手順は非常に特徴的。前のハンドルポストが下方向に移動し90度折れて本体下に回り込みます。シートは前方に折れます。OX GROUPにプロトタイプが有ったんですがそのほうがかっこよかった。いまいち。
 「SUBWAY BIKE」(川住製作所)。行けなかったCYCLE MODEで展示されていたものでHandyBike6をリファインした感じで良いですね。本体フレームが伸び縮みしてさらにコンパクトになるそうです。他の方のブログの方を参考してください。
●関連URL
2005 東京国際自転車展
CYCLE MODE international 2005
●関連URL
▒▒ 이지업 - Easy Up Corporation ▒▒
Mobiky(Mobiky)
株式会社 サカモトテクノ(Mobikyを展示していたところ)
LUTZ CORPORATION-ルッツ-()()
MC-1村山コーポレーション()()
Folding Bike - Carry-Me(Pacific Cycles)(ポケットの量産型?)
車いすメーカー オーエックスグループホームページ(Carry-Meのプロトタイプのポケットの販売店?)
有限会社 川住製作所(SUBWAY BIKEの開発元?サイトは空)
●関連blog・掲示板
CYCLE MODE international 2005(November 13, 2005)(@つれづれ えんすぅ日記@)
CYCLE MODE TOKYOに行ってきました(2005/11/14(月) 05:01:59)(自転車でいこう!(仮))

|

« 新仮面ライダーのモチーフは“カブトムシ” | トップページ | JD JAPAN「Tranz X 折畳みハンドルバー JD-MTB414」購入しました、と初見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更、2005東京国際自転車展:

« 新仮面ライダーのモチーフは“カブトムシ” | トップページ | JD JAPAN「Tranz X 折畳みハンドルバー JD-MTB414」購入しました、と初見 »