« 5月3~10日「天野喜孝展 マニエラ(maniera)」上野の森美術館で開催 | トップページ | 「おさかな」 (茂田井水産)でお買い物 »

2005年3月12日 (土)

骨まで食べられる、お魚

 12日の晩ご飯のオカズに、先日Coopで購入した「骨までおいしい魚」の「あじの開き(焼魚)」(248円)を食べました。頭から全部食べられる調理済みの魚のパックですが、興味本位と言うところで。
 食べ方は、電子レンジか湯煎で暖めて食すのですが、電子レンジは無いし、お湯を温めるのが面倒だったので、フライパンで日本酒を少し入れて蒸し焼きに。(蒲焼きを柔らかく温め直す方法です)

 お皿に置こうと菜ばしで取り上げたら、ボロボロと崩れる、やっ、柔らかい。
味が付いているので醤油とか付ける必要はなし、日本酒の性かな?やや甘く、とても美味しい。骨が全く気にならない、どころか食べていて骨の感触が全くなし。本当に頭から尾まで美味しく食べれました。
 欠点を挙げるなら、(蒸し焼きにした為かな?)柔らかすぎること、歯ごたえはないです。

 結構美味しかったので、ゆっくり食事がとれない平日のオカズには良いかも。248円という値段は、、うーん。(^_^;
●関連URL
商品情報 | 骨までおいしい魚(マルハ株式会社)

|

« 5月3~10日「天野喜孝展 マニエラ(maniera)」上野の森美術館で開催 | トップページ | 「おさかな」 (茂田井水産)でお買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 骨まで食べられる、お魚:

« 5月3~10日「天野喜孝展 マニエラ(maniera)」上野の森美術館で開催 | トップページ | 「おさかな」 (茂田井水産)でお買い物 »