« キングジム ポメラ DM100プチ改造(親指シフト入力の改善) | トップページ | キングジム ポメラDM100 雑記 »

2011年12月 6日 (火)

キングジム ポメラの連携についてメモ(Eee Note EA800)

ポメラはテキストを入力する事に絞った電子文具です。
テキストのメモの電子化が出来るとなれば、次はイラストのメモを電子化したいと思います・・・よね?
で、テキストメモとイラストメモをいちいちPC上で管理するんじゃ無くてもっと簡単に連携させる事は出来ないでしょうか?ということを思っています。

●マメモ2,Boogie Board Rip
キングジムからはマメモが既にイラスト(手書き)メモの電子化として発売されています。
が、これも大胆に機能を絞った製品で、マメモは外部出力無し,マメモ2(定価7,980円)は2値BMP画像データをmicroSDで出力する事が出来るだけです。
第3世代として保存機能が付いたブギーボード、Boogie Board Rip(定価14,800)も出力はUSB経由でPDFデータでの出力です。

ポメラとマメモ2,Boogie Board Ripは連携が全く考えられていません。別々にPCや携帯などと利用・連携する事を想定されています。
個人的には、マメモ2のmicroSD上の画像をポメラの上で表示できたら良いなと思っていますが、今の所、実装される様子は無いですね。
Boogie Board Ripは、ポメラがUSBマスタになれないので読み出す事も出来ないし、ポメラはPDFが扱えません、これも直接の連携は出来ません。

そして、ネットワーク連携は、PCまたは携帯電話と組み合わせる必要がありますが、テキストメモとイラストメモを紐付いた状態で連携するのにはPC上での処理が必要になります。簡単とは言えませんね。

●Eee Note EA800
と、ここで、ASUSからイラストメモ機能に特化したデジタルノート「Eee Note EA800」が発表されました。
【PC Watch】 ASUSTeK、8型の“デジタルノート”「Eee Note EA800」
書く、録る、写す。多彩なメモ機能搭載のデジタルノート「Eee Note EA800」を発表(ASUSTeK Computer Inc.)
2011年12月中旬発売予定で、定価19,800円。Boogie Board Ripから見ても価格的に大差有りません。

Eee Note EA800は、ワコムのタブレットが搭載されたグレースケール反射液晶で、専用ペンがBoogie Board Rip同様必要ですが、筆圧対応した入力が可能です。
microSDに対応しており、無線LAN、Evernote連携機能の標準装備が有ります。
これは、もしかしたらポメラに不足しているネットワーク連携と、イラストメモを同時に補完できるデバイスではないかと思いました。

ポメラとEee Note EA800をmicroSD経由で組み合わせてテキストとイラストの電子化および連携が実現できるのでは無いかと夢想しています。
Eee Note EA800側でどの程度、テキストデータを扱えるのか判りませんが、単純にEvernoteへアップロード出来るだけでも違いますね。

○懸念点
理想通りなら素晴らしい環境が構築できますが、実際どうなるのか判りません。
・実用に足だけのパフォーマンスが有るのか?
・イラストメモを録るツールは使いやすい物か?
・テキストを扱えるツールがあるのか?
・テキストとイラストを混在して扱えるツールがあるのか? (無し)
・イラストはビットマップかベクターか?データ形式は? (ZIPで固められたGIF形式)
・テキストデータもEvernoteへアップロード出来るのか?
・テキストはS-JIS対応か?(ユニコードUTF-8ですのでポメラと連携する場合変換が必要)
・サポート体制は?
などななど。。
確認しなくてはいけない点は非常に多いです。

レビューが上がっていますが、ちょっと芳しくないです。。。
ASUS Eee Note EA800が1年遅れで日本発売 | OSAKANA TAROのメモ帳
ASUS Eee Note EA800についてのQ&A その1 | OSAKANA TAROのメモ帳
Asus Eee Note EA800 日本発売 : こっそり開発Blog

●まとめ
Android TabletもiPadも個人的には機能が多すぎて二の足を踏んでいましたが、ポメラDM100を買ったばかりですけど、Eee Note EA800はすごく期待していています。
が、この手の組み込みLinuxを使った製品は試してみないとパフォーマンスなど使い勝手で不安な面が多いし、まとも?なアプリケーション環境が用意されているのか?とか懸念点はかなり多いので、即買いという訳にはいかないです。(^_^;)

|

« キングジム ポメラ DM100プチ改造(親指シフト入力の改善) | トップページ | キングジム ポメラDM100 雑記 »

コメント

テキストとイラストを混在できますか?
→ できません。
  テキスト入力できるアプリと、手書き入力できるアプリは分かれています。
  当然、データも別となります。

パソコンとのデータ連携は
→ 専用 Eee Note Syncを使ってデータ転送します。
  Syncとありますが、「同期」というより、「転送」向けの作りをしています。

手書きデータはパソコン上でどういう扱いになりますか?
→ Eee Note Syncで同期すると「.nte」という専用拡張子のデータとなります。
  「ノートを画像ファイルとしてエクスポート」という選択肢を選ぶと
  画像ファイルとして出力することが出来ます。
  なお、.nteの実体はzipファイルで、xmlファイルによる書式設定と、gifによる手書きの画像データなので
  7-zipなどで直接開いて中身を取り出すこともできます。

テキストデータはパソコン上でどういう扱いになりますか?
→ UTF-8のテキストデータです

Evernote連携ってどんなことができる?
→ 手書きメモをEvernote上の「from Eee Note」というノートブック内に転送すること
  Evernote上のデータをEee Note内に転送することはできない。

投稿: osakanataro | 2011年12月 6日 (火) 23時08分

osakanataro さん。
詳しい情報ありがとうございます。

テキストが、ポメラはS-JISなのでこれもポメラとの連携に問題が出そうですね。
残念ながら、ポメラとEee Noteを組み合わせて運用するのは難しそうです。

投稿: 神子秋沙 | 2011年12月 7日 (水) 09時46分

はじめまして〜。ファーストポメラ(オレンジ)も所有しております者です。
『マメモノート』のネタを探してましたら「こちら」にたどり着きました(笑)

Eee Note EA800の存在は、去年の暮、発売間際に気づいておりましたが
性能がまだまだの様子なので、パスしました(しかもMacじゃ使えなひ?)

「マメモ」TM2(オレンジ〜使用)ですが、
Adobe Illustrator との相性は良いようで、
( Illustrator と Windows ビットマップイメージ との相性は良いようで?)
TM2で書いた、図や、絵や、文字をぺたぺた貼付けて活用しております。

欲しい手書きの図、絵、文字(タイトル文字)だったりを思いついたその場で
書(描)いて、microSDにエクスポート(データ書き込み/Macへ読み込み )後、
Illustrator上で貼付けた手書きの線画に、昔のセル画アニメのような感覚で色をつけたり。
「データそのもの」にも色を付けられるので、なかなか重宝しております。

とりあえず、今は『ものすごいドットの大きな絵(文字)』(苦笑)
なのですが、それも『あじ』として、楽しく使って行く方向でやってます。というか、

『すぐ書(描)けて、活かせて、使える』

のが、こんなに楽しいとは!
もっと滑らかな線の再現性が、いずれ出るだろう、

MaMeMo Notebook『 A4 マメモノート 』MN1(仮称/笑)

にて、実現してくれる事を願うばかりです。

基本、TM2にこれ以上の機能の詰め込みは必要ありません(薄型軽量化くらい?)。
いまのTM2に一番欲しい機能は『電卓機能』くらいのものですし(仕事上便利)。
PC上で加工した、TM2用に変換したデータ(みたいな?)を『再表示』出来れば完璧かな?
(仕事用に作ったマニュアルを表示出来たら「いいなぁ〜」とか、思ふです。)
電子メモ帳としての「マメモ」の後継機種には正当進化を望みます。
後は、耐久性・・・かな?
(2011.12.24に購入→2012.01.19タッチしても起動せず・・・メーカーへ入院
 約1週間後、新品である現在の『二代目』に至る/汗笑)

そして、別製品としての、A4サイズのマメモノート。
もうこれ、出すべきでしょう?(ていうか、だして、KGさ〜ん)
ポメとの連帯は、また今度の機種でも良いので・・・←すみません(^^;苦笑)
(長文・駄文失礼!)

p.s.
大澤裕司氏のブログコメントに、激しく同意。
  ↓
『マメモ+ブギーボードのようなデジタルノートが欲しい』
http://hitomonokoto.blog16.fc2.com/blog-entry-342.html

投稿: うっちゃん | 2012年2月 6日 (月) 02時35分

うっちゃんさん、こんにちは。

 マメモTM2は良いですね。
ただ、画面サイズと解像度、そしてデータ形式から購入には至っていません。
同僚のを借りてしばらく使ってみましたが、イラストに使いたいと思っていたので、画面サイズと解像度の低さは致命的でした。

ブギーボードRIPの記録方法が繁雑なのが残念ですね。

マメモとブギーボードのいいとこ取りした製品が出てきてくれると、私も嬉しいです。キングジムさん、がんばって欲しいなぁ。

Eee Note EA800はポメラのPCの代わりの母艦に使えるかも知れないとの期待もあったのですが、次の機種に期待です。

ポメラとマメモの連携は、使い易いPC側のツールがあると良いなぁ。

投稿: 神子秋沙 | 2012年2月 6日 (月) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/53419372

この記事へのトラックバック一覧です: キングジム ポメラの連携についてメモ(Eee Note EA800):

« キングジム ポメラ DM100プチ改造(親指シフト入力の改善) | トップページ | キングジム ポメラDM100 雑記 »