« キングジム ポメラDM100 個人的なレポート | トップページ | キングジム ポメラの連携についてメモ(Eee Note EA800) »

2011年12月 1日 (木)

キングジム ポメラ DM100プチ改造(親指シフト入力の改善)

●はじめに
ポメラDM100で、親指シフト入力をするとき、どうしても右親指での同時打撃に失敗する事が多く、ちょっとストレスになり始めています。
そこで、プチ改造を実施しようと。画策しました。
# [変換]キーと[スペース]キーを入れ替えれば、だいぶ改善できるのですが。。。

キングジム ポメラDM100 個人的なレポート: 秋沙のココログ既知ログ
DM100 | デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM

●親指キーの高さ調整
○快速親指シフトキートップシール
富士通のIME、Japanistに付属している「快速親指シフトキーボードシール」と言うのがあります。
内容は、DM100に付属していたシールと同等な「快速親指シフトキートップシール」と、変換・無変換キーの高さをかさ上げする「親指キー用シール」です。
これを利用する事で、通常のキーボードを親指シフト入力がしやすい形状にする事が出来ます。
現在入手するのは、Japanist 2003 を購入するしか無いのかな?
# 名称から判る通り、新しいバージョンが出ていませんが、2012年春くらいに64bit正式対応関係で新しいバージョンが出たら嬉しいなぁ。(希望的観測)
# 最近のIMEにあるネット連携は弱いですが、沢山の辞書が標準で着いていて今でも十分に実用に耐えます。

日本語入力 Japanist : 富士通
快速親指キートップシールの貼り方を教えて:日本語入力 Japanist よくあるご質問(FAQ)

○代用品
「親指キー用シール」が無くても、厚みがあってそこそこ固くそこそこ柔らかいシールを使う事で代用できます。
メガネの鼻に当たる部分の高さ調整,ズレ防止のパットや、家具の騒音防止材などを工夫して代用されている方も居ますので、メガネ屋やホームセンター,文具事務用品を物色して手頃な部材を探してみては如何でしょうか?
検索したサイトで見かけた製品を、ヨドバシカメラ秋葉原の7階メガネ売り場で購入してみました。セルシールU (サイズM 1.8mm) ¥630-

セルフレームにはセルシールU(ハセガワ・ビコー)

○注意点
懸念点として、閉じたときに液晶とキーボードの間隔がほとんど無いので、キーの高さを高くしてしまうと、閉まりきらなくなったり キーが液晶に押されて不具合が出る可能性もあります。
かさ上げは程々にしましょう。


●実作業
20111201-01「快速親指シフトキーボードシール」をDM100の上に置いた所。
大と小の2種類があります。大の方だと[Alt][Ctrl]キーぐらいのサイズ。
使う場合は小の方ですね。
20111201-02「親指キー用シール」(下)と「セルシールU (サイズM 1.8mm)」(上)を見てみると、セルシールUの方が厚みが薄かったので、此方を使用してみる事にしました。


20111201-04セルシールUの形状は、変換・無変換キーよりも幅があるので、適当に切って、キー手前に貼り付けました。


透明なのであんまり目立ちません。


20111201-05横から見てみると、以外と出っ張りが判ります。

液晶を閉じるときに影響は出ているか判りません。
ちゃんと閉じているように見えますが、もしかしたら、キーが押されているかもしれません。


●使用感
親指の位置がしっかり決まるので、懸念していた右親指での打ち間違いが減ったと思います。
また、親指の同時打撃が使いやすくなったと思います。
ただ、M 1.8mmだとちょっとキーの高さを高くしすぎた感じです、S 1.3mmの方が良いかな?ヨドバシカメラ秋葉原では売っていなかったので、別のメガネ屋を探してみます。

取り付けて間もないので、もう少し使い込んでみたいと思います。

●まとめ
個人的には、効果が有ったと思います。
DM100で親指シフトをメインに使いたい人は試してみては如何でしょうか?

|

« キングジム ポメラDM100 個人的なレポート | トップページ | キングジム ポメラの連携についてメモ(Eee Note EA800) »

コメント

はじめまして。ポメラDM100を「親指シフト」で使っています。プチ改造ですが、私はボール紙をはりあわせてキーストローク分約2ミリ厚にし、これを変換キーサイズにカットして、さらにその上に塩ビ板(しなりがあっていい感じ)を2センチ角にカットしたものを、両面テープではって、変換キー・無変換キーをかさあげするとともにサイズを大きく改造しています。蓋を閉じた時に干渉するので、蓋と筐体の間のすき間をあけるのに、滑り止めにつかうまるい頭の直径7ミリぐらいの半球シールを貼りました。かなり使いやすくなって「親指をつる」ことはなくなりました。みじかい期間ですが、すでに何回かキーボードを改造したことがあるので、それほど苦労せず、改造できてます。

投稿: 新井宏 | 2011年12月 7日 (水) 19時15分

新井宏さん、こんにちは。

親指シフトな皆さんは、色々工夫されていますね。
今回のプチ改造に止まらず、より使いやすく改造していきたいと思います。

変換・無変換キーのサイズを大きくするのは、試してみたいです。
元々キーストロークが浅いので、かさ上げしてスペースキーの上に張り出しても実用上問題が無く使えるかもしれませんね。

キングジムから変換・無変換キーに被せるキャップみたいなアダプタが出ると良いなぁ・・・。(^_^;)

投稿: 神子秋沙 | 2011年12月 8日 (木) 17時04分

新井さんのコメントを参考に作ってみました。快適です。
[親指シフト]ポメラDM100の親指シフトキーを拡大 - かもめ~る通信
http://hieroglyphe.blog47.fc2.com/blog-entry-35.html

投稿: ykamo | 2012年10月 1日 (月) 11時35分

ykamo さん、こんにちは。
すいません、こっちのブログが放置状態だったので気が付きませんでした。

この方法は、前から知られている方法でもありますね。
最近、アップデートが行われて、親指キーの入れ替えが出来るようになったので、この方法も再検討が必要になるのかも?

投稿: 神子秋沙 | 2012年10月23日 (火) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/53381523

この記事へのトラックバック一覧です: キングジム ポメラ DM100プチ改造(親指シフト入力の改善):

« キングジム ポメラDM100 個人的なレポート | トップページ | キングジム ポメラの連携についてメモ(Eee Note EA800) »