« 電圧を相殺することで常温超伝導!? | トップページ | スペースシャトルの最後の打上が2010年11月から2011年02月に延期へ »

2010年6月30日 (水)

GXロケット開発計画の廃止決定により、ギャラクシーエクスプレス社が解散

 LNG推進系は、LE-8として開発継続。
 M-Vの後継としては、固体燃料を使用する新型のイプシロンロケットになるのでしょうか? 1段目はSRB-A(H-IIAの固体ロケットブースター),2段目はM-34b改(M-Vの3段目),3段目はKM-V2(M-Vのキックステージ・4段目?)を使用するという、既に開発済みの技術の転用になっています。
 単純に転用だと、シャトル技術を利用して開発しているアレスロケットの様な事になってしまいますが、基本的には技術を継承しての新規設計らしいので、大丈夫なのかなぁ?
 
○記事URL
GXロケット開発会社が特別清算 事業仕分けで廃止判定 - ITmedia News(2010年06月29日 17時23分)
GXロケットの研究開発を行っていたギャラクシーエクスプレス社、解散 - スラッシュドット・ジャパン(2010年06月29日 21:49)
(株)ギャラクシーエクスプレス | 倒産速報 | 最新記事 | 東京商工リサーチ(公開日:2010.06.29)
○関連URL
JAXA|イプシロンロケット
JAXA|LNG推進系プロジェクト
株式会社IHIエアロスペース
イプシロンロケット - Wikipedia
GXロケット - Wikipedia
ギャラクシーエクスプレス - Wikipedia

|

« 電圧を相殺することで常温超伝導!? | トップページ | スペースシャトルの最後の打上が2010年11月から2011年02月に延期へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/48755634

この記事へのトラックバック一覧です: GXロケット開発計画の廃止決定により、ギャラクシーエクスプレス社が解散:

« 電圧を相殺することで常温超伝導!? | トップページ | スペースシャトルの最後の打上が2010年11月から2011年02月に延期へ »