« マイクロソフト、2007年12月 月例パッチ予告 | トップページ | マイクロソフト、2007年12月 月例パッチ »

2007年12月10日 (月)

NASA、スペースシャトル エンデバーの打上を2008年1月2日以降へ延期

 外部燃料タンクの枯渇センサーの不具合が長引くようです。

 2008年2月14日打上予定のスペースシャトルは予定通り打ち上げるとのこと。
 しかし、エンデバーの打上が更に延びた場合、日本モジュール「きぼう」の組み立てに影響が出ます。

■追記
 2008年1月10日以降に変更されました。
■追記終わり
●関連記事
シャトル打ち上げ、来年1月2日以降に延期 NASA(2007年12月10日10時11分)(asahi.com:サイエンス)
シャトル打ち上げ、1月以降に延期 センサー異常で(2007.12.10 01:23)(MSN産経ニュース)
スペースシャトル打ち上げ、08年に延期・センサーに異常(00:34)(NIKKEI NET)
シャトル打ち上げを1月に再度延期、センサー不具合で=NASA(2007年 12月 10日 09:01 JST)(ワールド | Reuters)
●関連URL
スペースシャトル「アトランティス号」(STS-122/国際宇宙ステーション組立てミッション(1E))の打上げ予定日の変更について(平成19年12月10日)(JAXA|宇宙航空研究開発機構)
宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター(JAXA|宇宙航空研究開発機構)
NASA - Space Shuttle

|

« マイクロソフト、2007年12月 月例パッチ予告 | トップページ | マイクロソフト、2007年12月 月例パッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/17362849

この記事へのトラックバック一覧です: NASA、スペースシャトル エンデバーの打上を2008年1月2日以降へ延期:

« マイクロソフト、2007年12月 月例パッチ予告 | トップページ | マイクロソフト、2007年12月 月例パッチ »