« NASAスペースシャトル「アトランティス号」打上延期 | トップページ | JAXA、H-IIA・F14/超高速インターネット衛星きずな(WINDS)2008年02月15日(金)打上へ »

2007年12月 8日 (土)

JAXA、国際宇宙ステーション日本モジュール「きぼう」で「地球外生命」捕獲実験

 宇宙空間に漂うチリの中から有機物やもしかしたら微生物(たぶんウイルスのようなの)を捕獲しようという物。

 地球の生命は、宇宙から飛来した有機物や微生物が元になっているという説の証拠になるようです。
 また、地球の微生物などが宇宙空間で捕獲できた場合、生命が宇宙に放出される証拠になるとのこと。
●関連記事
「地球外生命」 宇宙基地で捕獲実験(2007.12.6 19:59)(MSN産経ニュース)
●関連URL
国際宇宙ステーション(JAXA|宇宙航空研究開発機構)
パンスペルミア説 - Wikipedia

|

« NASAスペースシャトル「アトランティス号」打上延期 | トップページ | JAXA、H-IIA・F14/超高速インターネット衛星きずな(WINDS)2008年02月15日(金)打上へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/17309877

この記事へのトラックバック一覧です: JAXA、国際宇宙ステーション日本モジュール「きぼう」で「地球外生命」捕獲実験:

« NASAスペースシャトル「アトランティス号」打上延期 | トップページ | JAXA、H-IIA・F14/超高速インターネット衛星きずな(WINDS)2008年02月15日(金)打上へ »