« 「薩摩焼酎」の認証マークが決定 | トップページ | ミツバチの集団失踪の原因と思われるウイルスが特定される »

2007年9月 9日 (日)

海技研、スターリングエンジンで船の廃熱から発電する装置の公開実験を開始

 発電し蓄電することで、全体の燃費を良くしようという物。
 ただ、船に別の機械やバッテリーを積むのは・・よほど大型船でないと無理かなぁ?
●関連記事
航行中の排ガス熱で蓄電、燃料消費抑える船舶用装置を公開(2007年9月7日19時33分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
船舶用低温排熱回収システムの開発~ 『スターリングエンジンを用いた排熱回収システム』を公開 ~(9月7日)(独立行政法人 海上技術安全研究所)

|

« 「薩摩焼酎」の認証マークが決定 | トップページ | ミツバチの集団失踪の原因と思われるウイルスが特定される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/16398253

この記事へのトラックバック一覧です: 海技研、スターリングエンジンで船の廃熱から発電する装置の公開実験を開始:

« 「薩摩焼酎」の認証マークが決定 | トップページ | ミツバチの集団失踪の原因と思われるウイルスが特定される »