« JAXA、H-IIA F13/月周回衛星「かぐや」(SELENE)、悪天候の予報のため打上げを14日に延期 | トップページ | 日本国内で天然ダイヤモンドが初めて見つかる »

2007年9月11日 (火)

国立天文台「すばる望遠鏡」、流れ星が作る光の帯の直径を観測

 世界初とのこと。
 流れ星は、0.1mmから10mm程度の微粒子が、大気圏に突入するときに発光する現象ですが、その光の帯の大きさを正確に測定することに出来たそうです。
●関連記事
流れ星、光の大きさ数ミリから数センチ・国立天文台が観測(17:36)(NIKKEI NET)
●関連URL
星が切り裂く大気のトンネルは幅数ミリメートル!  ~すばるによる画像から初の測定に成功(2007年9月10日)(国立天文台)

|

« JAXA、H-IIA F13/月周回衛星「かぐや」(SELENE)、悪天候の予報のため打上げを14日に延期 | トップページ | 日本国内で天然ダイヤモンドが初めて見つかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/16417546

この記事へのトラックバック一覧です: 国立天文台「すばる望遠鏡」、流れ星が作る光の帯の直径を観測:

« JAXA、H-IIA F13/月周回衛星「かぐや」(SELENE)、悪天候の予報のため打上げを14日に延期 | トップページ | 日本国内で天然ダイヤモンドが初めて見つかる »