« 近日リリース予定?のOpera 9.5概要が公表される | トップページ | 総務省、日本の人口重心が岐阜県内を東南東へ2.1km移動と発表 »

2007年6月25日 (月)

米国医師会、ゲームに過剰にはまる症状は中毒症状では無いとの判断

 先日、米医療情報学会:ANAがゲーム中毒(精神病)を認めるように提言していましたが、米国医師会:AMAは、中毒(精神病)とは認めないと表明しました。
●関連記事
ゲームのやり過ぎは中毒症状ではない=米専門家(19:50 JST)(エンタテインメント | Reuters.co.jp)
「ゲームは中毒」の結論は時期尚早、米国医師会総会を前に報告が改訂(2007年06月26日 18:52)(AFPBB News)
●関連URL
AMA - American Medical Association Home Page
AMA (Comm) Press releases/statements
●関連blog・掲示板
米医療情報学会ANA、ネット・ゲーム中毒の精神障害に分類を提言(2007年6月16日 (土))(秋沙のココログ既知ログ)

|

« 近日リリース予定?のOpera 9.5概要が公表される | トップページ | 総務省、日本の人口重心が岐阜県内を東南東へ2.1km移動と発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/15559143

この記事へのトラックバック一覧です: 米国医師会、ゲームに過剰にはまる症状は中毒症状では無いとの判断:

« 近日リリース予定?のOpera 9.5概要が公表される | トップページ | 総務省、日本の人口重心が岐阜県内を東南東へ2.1km移動と発表 »