« オンライン生物図鑑プロジェクトが始まる | トップページ | 厚労省、喫煙で寿命が縮まる調査結果を発表 »

2007年5月10日 (木)

東京医科歯科大、塩分調節異常からくる高血圧症の仕組みを解明

 日本人に多い塩分が原因の高血圧の仕組みが解明されたとのこと。
 
 高血圧の薬や予防薬の開発が期待されます。
●関連記事
塩分調節異常原因の高血圧症、東京医科歯科大が仕組み解明(2007年5月9日10時54分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
塩分排出妨げ、高血圧起こす仕組み発見 新薬に期待(2007年05月09日12時25分)(asahi.com>サイエンス)
●関連URL
腎臓内科学(内 田 信 一 准教授)(東京医科歯科大学:Tokyo Medical & Dental University)

|

« オンライン生物図鑑プロジェクトが始まる | トップページ | 厚労省、喫煙で寿命が縮まる調査結果を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/15027711

この記事へのトラックバック一覧です: 東京医科歯科大、塩分調節異常からくる高血圧症の仕組みを解明:

« オンライン生物図鑑プロジェクトが始まる | トップページ | 厚労省、喫煙で寿命が縮まる調査結果を発表 »