« 東京医科歯科大、塩分調節異常からくる高血圧症の仕組みを解明 | トップページ | 大阪大学、がん遺伝子から殺菌効果を持つ物質の合成に成功 »

2007年5月10日 (木)

厚労省、喫煙で寿命が縮まる調査結果を発表

 喫煙男性で、40歳以降の余命が灼く3.5年 短くなっているそうです。
 禁煙すると、非喫煙者ほどではないですが寿命が長く(元に戻る)ようです。
 色々な要因が絡んできますが、禁煙や分煙は重要ですね。
●関連記事
喫煙、40歳男性で寿命3・5年縮める…厚労省研究班調査(2007年5月9日3時2分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
厚生労働省

|

« 東京医科歯科大、塩分調節異常からくる高血圧症の仕組みを解明 | トップページ | 大阪大学、がん遺伝子から殺菌効果を持つ物質の合成に成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/15027715

この記事へのトラックバック一覧です: 厚労省、喫煙で寿命が縮まる調査結果を発表:

« 東京医科歯科大、塩分調節異常からくる高血圧症の仕組みを解明 | トップページ | 大阪大学、がん遺伝子から殺菌効果を持つ物質の合成に成功 »