« 独マックスプランク気象研究所、温暖化の為の海水分布の変化で自転が早くなる? | トップページ | 韓国、在米韓国人が風邪薬から覚醒剤を製造 »

2007年5月 6日 (日)

静かな地震は規模にかかわらず同じ仕組みで発生している可能性

 ゆっくりすべり、低周波地震、低周波微動、超低周波地震などの発生する仕組みは同じ仕組みで発生してる可能性があるとのこと。
 静かな地震に関しては詳しいことが解らないのですが、興味深いです。
●関連記事
「ゆっくり地震」大小、仕組みは同じ? 東大など調査(2007年05月03日15時50分)(asahi.com>サイエンス)
●関連URL
井出 哲-東京大学大学院理学系研究科

|

« 独マックスプランク気象研究所、温暖化の為の海水分布の変化で自転が早くなる? | トップページ | 韓国、在米韓国人が風邪薬から覚醒剤を製造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14975788

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな地震は規模にかかわらず同じ仕組みで発生している可能性:

« 独マックスプランク気象研究所、温暖化の為の海水分布の変化で自転が早くなる? | トップページ | 韓国、在米韓国人が風邪薬から覚醒剤を製造 »