« 厚労省、喫煙で寿命が縮まる調査結果を発表 | トップページ | 神戸製鋼所、鉄粉を利用してヒ素を吸着・浄化する技術の開発 »

2007年5月10日 (木)

大阪大学、がん遺伝子から殺菌効果を持つ物質の合成に成功

 ガン関連遺伝子の一部から血管を作る作用や殺菌効果のある物質の合成に成功したとのこと。
 
 ガン遺伝子って使い道はほとんど無いと思っていましたが、色々な用途があるのかもしれませんね。
●関連記事
がん遺伝子を“活用”阪大が強い殺菌効果など持つ物質合成(2007年5月9日14時48分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
大阪大学大学院医学系研究科遺伝子治療学

|

« 厚労省、喫煙で寿命が縮まる調査結果を発表 | トップページ | 神戸製鋼所、鉄粉を利用してヒ素を吸着・浄化する技術の開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/15027985

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪大学、がん遺伝子から殺菌効果を持つ物質の合成に成功:

« 厚労省、喫煙で寿命が縮まる調査結果を発表 | トップページ | 神戸製鋼所、鉄粉を利用してヒ素を吸着・浄化する技術の開発 »