« 権利者団体、コンテンツ流通より文化の保護を優先と提言 | トップページ | 熱い氷でできた惑星 »

2007年5月18日 (金)

土星の衛星「エンケラドス」の間欠泉の仕組みを発表

 厚い氷のプレートが木星の重力の影響で移動して、その際の摩擦熱で間欠泉が生じているという仮説を発表したとのこと。
 また、地中数キロに海が存在してる可能性が有るとのこと。
●関連記事
土星の衛星「エンケラドス」の間欠泉、氷亀裂の開閉で噴出か - フランス(2007年 05月 17日 21:28:45)(AFP BB News - BETA -)
●関連URL
ESA - Cassini-Huygens
Frictional Heating Explains Plumes on Enceladus(May 16, 2007)(Cassini-Huygens: News)(NASA)

|

« 権利者団体、コンテンツ流通より文化の保護を優先と提言 | トップページ | 熱い氷でできた惑星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/15111831

この記事へのトラックバック一覧です: 土星の衛星「エンケラドス」の間欠泉の仕組みを発表:

« 権利者団体、コンテンツ流通より文化の保護を優先と提言 | トップページ | 熱い氷でできた惑星 »