« 日本産科婦人科学会、亡夫精子使った死後生殖を禁止の指針へ | トップページ | 「夜専用」食品の人気上昇中、夜食べる言い訳? »

2007年4月15日 (日)

日本尊厳死協会、延命治療の疾病ごと延命中止基準の報告書をまとめ

 日本ALS協会などの患者団体からは(患者に対して周囲が)死を誘導する危険性を指摘されています。

 とはいうものの、病状もや患者の症状毎に延命治療の可否を決めなくてはいけないわけで。ガイドラインが無いと現場判断に一任されてしまい同じ状態の患者が延命治療したりされなかったり・・となってしまいます。
 難しい問題ですが、議論を続けなくてはいけない問題ですね。
●関連記事
疾病ごと延命中止基準、終末期を定義…尊厳死協会報告(2007年4月15日3時1分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
日本尊厳死協会
日本ALS協会(JALSA)

|

« 日本産科婦人科学会、亡夫精子使った死後生殖を禁止の指針へ | トップページ | 「夜専用」食品の人気上昇中、夜食べる言い訳? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14687192

この記事へのトラックバック一覧です: 日本尊厳死協会、延命治療の疾病ごと延命中止基準の報告書をまとめ:

« 日本産科婦人科学会、亡夫精子使った死後生殖を禁止の指針へ | トップページ | 「夜専用」食品の人気上昇中、夜食べる言い訳? »