« 福井県で、日本初の恐竜の皮膚痕化石を発見 | トップページ | 国際自然保護連合、ザトウ鯨とミンク鯨を「絶滅危惧種」から除外へ »

2007年4月28日 (土)

情報大航海プロジェクトの方向性

 この手の問題は、決断の遅さ、目的がいつの間にかすり替わってプロジェクトをするためのプロジェクトになる、取り敢えず結果ありき。
 など、公共事業の弊害が何所まで出てきてしまうか?に有ると思います。
 
 情報大航海プロジェクト自体は、まぁ、良いんじゃないのでしょうか?
●関連記事
「批判も歓迎」経産省の八尋氏、情報大航海プロジェクトの方向性語る(2007/04/27 21:19)(Impress INTERNET Watch)
●関連URL
情報大航海プロジェクトコンソーシアム
有限責任中間法人P2P(Peer to Peer) Universal Computing Consortium(PUCC)

|

« 福井県で、日本初の恐竜の皮膚痕化石を発見 | トップページ | 国際自然保護連合、ザトウ鯨とミンク鯨を「絶滅危惧種」から除外へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14870670

この記事へのトラックバック一覧です: 情報大航海プロジェクトの方向性:

« 福井県で、日本初の恐竜の皮膚痕化石を発見 | トップページ | 国際自然保護連合、ザトウ鯨とミンク鯨を「絶滅危惧種」から除外へ »