« 小惑星イトカワの表面で「土砂崩れ」の痕跡 | トップページ | 異常気象で気象病? »

2007年4月23日 (月)

NASA、次期有人宇宙船「オリオン」の開発期間を見直し1年程度の遅れへ

 ロッキードマーチン社との契約が大幅に見直されたとのこと。
 試作機の開発期間を2011年から2013年までに。
 開発費は39億ドルから43億ドルへ。
 初飛行は2014年から2015年へ。
 
 スペースシャトルが2010年に引退するので、空白期間が5年も発生してしまうのですね。。
●関連記事
米シャトル後継「オリオン」、有人初飛行は15年以降か(2007年4月21日20時59分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
NASA - Constellation Program: Orion Crew Vehicle
●関連blog・掲示板
シャトル後継宇宙船の有人初飛行は2015年以降に(2007年04月24日 10:00)(スラッシュドットジャパン)

|

« 小惑星イトカワの表面で「土砂崩れ」の痕跡 | トップページ | 異常気象で気象病? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14818007

この記事へのトラックバック一覧です: NASA、次期有人宇宙船「オリオン」の開発期間を見直し1年程度の遅れへ:

» ブラックホールを見つける方法 [ブラックホールは怖いか]
ブラックホールを見つける方法 [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 00時00分

« 小惑星イトカワの表面で「土砂崩れ」の痕跡 | トップページ | 異常気象で気象病? »