« ITmediaコラム、いっそログは全部消せ? | トップページ | 農林水産省、国産和牛 統一マークのデザイン公募へ »

2007年4月 3日 (火)

改造エアガン、未だに約70万丁が未回収

 威力があるエアーソフトガンは「準空気銃」として廃棄または威力を押さえる改修が必要になっているのですが、未対応な物が約80万丁のうち約70万丁にも及ぶとのこと。
 改正銃刀法の猶予期間は平成18年2月20日で終了していますので、持っている人は銃刀法違反で捕まる危険があるわけです。。

 蛇足ですか、私が記憶している分類だと、エアーガンは狩猟や競技 用の鉄砲で殺傷力がある銃で免許が必要。エアーソフトガン(またはエアースポーツガン)はオモチャ。威力のあるエアーソフトガンが準空気銃となって規制の対象となったのですが、基本的には所持してはいけない。でいいんでしたか?
●関連記事
改造エアガン、70万丁野放し…法改正知らぬマニアか(2007年3月30日14時43分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
ASGK - 日本遊戯銃協同組合
ASGK - 改正銃刀法
日本エアースポーツガン協会

|

« ITmediaコラム、いっそログは全部消せ? | トップページ | 農林水産省、国産和牛 統一マークのデザイン公募へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14502360

この記事へのトラックバック一覧です: 改造エアガン、未だに約70万丁が未回収:

« ITmediaコラム、いっそログは全部消せ? | トップページ | 農林水産省、国産和牛 統一マークのデザイン公募へ »