« 高知県 東洋町議会の高レベル廃棄物拒否の条例案が可決される | トップページ | 「アニメ検定」が2007年11月より実施へ »

2007年3月29日 (木)

消防庁「救急業務におけるトリアージに関する検討会」の報告書がまとまる

 患者の救急度や重傷度に合わせて優先順位を決めるトリアージ制度の導入についての課題をまとめた報告書が作成されました。
 
 通報者は素人で動転している可能性も高く、受けるオペレータも医療のプロではないので・・どこまで実用的なのかちょっと疑問です。
 また、個人的には軽傷と判断されたために高度な処置が出来ない救急病院へ搬送されたため手遅れになるケースがあると聞いています。
 可能なら、まず、高度な救急医療が可能な所へ搬送して、そのあと病状によって病院を移っていくような仕組みには出来ないのでしょうか?
●関連記事
救急業務の「トリアージ」検討会報告書まとまる 消防庁(2007年03月24日12時17分)(asahi.com > 暮らし)
●関連URL
総務省消防庁

|

« 高知県 東洋町議会の高レベル廃棄物拒否の条例案が可決される | トップページ | 「アニメ検定」が2007年11月より実施へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14452796

この記事へのトラックバック一覧です: 消防庁「救急業務におけるトリアージに関する検討会」の報告書がまとまる:

« 高知県 東洋町議会の高レベル廃棄物拒否の条例案が可決される | トップページ | 「アニメ検定」が2007年11月より実施へ »