« 厚生労働省、「タミフル」の緊急安全性情報を発表 | トップページ | 日経BPコラム、食の自己責任 »

2007年3月22日 (木)

大阪大学、超伝導センサーを使用した爆発物などの探知に成功

 物質固有の共振周波数を探知する方法で、超伝導センサーを用いることで効率よく探知できるとのこと。
 爆発物だけでなく麻薬の探知なども出来るそうです。
●関連記事
超伝導センサーで爆発物などを探知 阪大などのチーム(2007年03月20日)(asahi.com > サイエンス)
●関連URL
糸崎研究室(大阪大学 基礎工学電子物理科学科 電子光科学領域/エレクトロニクスコース 量子機能エレクトロニクス講座 量子デバイスシステムグループ)

|

« 厚生労働省、「タミフル」の緊急安全性情報を発表 | トップページ | 日経BPコラム、食の自己責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14345784

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪大学、超伝導センサーを使用した爆発物などの探知に成功:

« 厚生労働省、「タミフル」の緊急安全性情報を発表 | トップページ | 日経BPコラム、食の自己責任 »