« Sankei WEB、特集:【知はうごく】コンテンツ力 | トップページ | 経済産業省、エタノール混合ガソリンの実証実験で安全性を確認 »

2007年3月14日 (水)

アブラナ科の植物で土壌を汚染したカドミウムの減少を確認

 ハクサンハタザオという植物が土壌に含まれるカドミウムを吸収し、更に収穫?したハクサンハタザオかからカドミウムを回収することにも成功したそうです。
 広い範囲を薄い濃度で汚染された場合に効果的な土壌浄化方法と期待されています。
●関連記事
カドミウム:アブラナ科の植物で土壌汚染の減少確認(2007年3月12日 21時13分)(今日の話題:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
農村工学研究所
・[プレスリリース]アブラナ科の植物(ハクサンハタザオ)がため池底泥土のカドミウム濃度を低減させる効果を確認(農村工学研究所グループ)(07/03/12)
 http://nkk.naro.affrc.go.jp/topics/H18/h190312/h190312.pdf

|

« Sankei WEB、特集:【知はうごく】コンテンツ力 | トップページ | 経済産業省、エタノール混合ガソリンの実証実験で安全性を確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14256937

この記事へのトラックバック一覧です: アブラナ科の植物で土壌を汚染したカドミウムの減少を確認:

« Sankei WEB、特集:【知はうごく】コンテンツ力 | トップページ | 経済産業省、エタノール混合ガソリンの実証実験で安全性を確認 »