« 国際獣疫事務局、米産牛肉の月齢制限撤廃の見通し | トップページ | 京都大学、細胞内のDNAを修復する酵素の働きを解明 »

2007年3月12日 (月)

綿ぼこり吸った人は、肺がんに成りにくい調査結果

 繊維工場で綿ぼこりを大量に吸い込んでいる人は、肺ガンに成りにくいという調査結果が出たそうです。
 なぜ綿ぼこりを大量に吸っている人が肺ガンになりにくいのか理由は不明とのこと。 普通に考えると綿ぼこりを大量に吸引していると肺への障害が懸念されますが・・
 
 推測として、綿ぼこりに含まれる細菌の毒素が免疫系に影響を与えているのではないかと考えられているそうです。
●関連記事
綿ぼこり吸った人ほど肺がん危険低い?米中研究者(2007年3月10日14時42分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
National Cancer Institute(米国立がん研究所)
Lung Cancer Risk Among Female Textile Workers Exposed to Endotoxin -- Astrakianakis et al. 99 (5): 357 -- JNCI Journal of the National Cancer Institute
●関連blog・掲示板
綿ぼこりを吸い込んでる人ほど肺がんのリスクが低い? (2007年03月12日 20:36)(スラッシュドットジャパン)

|

« 国際獣疫事務局、米産牛肉の月齢制限撤廃の見通し | トップページ | 京都大学、細胞内のDNAを修復する酵素の働きを解明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14241954

この記事へのトラックバック一覧です: 綿ぼこり吸った人は、肺がんに成りにくい調査結果:

« 国際獣疫事務局、米産牛肉の月齢制限撤廃の見通し | トップページ | 京都大学、細胞内のDNAを修復する酵素の働きを解明 »