« 経済産業省、太平洋沖のメタンハイドレート埋蔵量、天然ガス換算で14年分を確認 | トップページ | 米科学者論文、北米の異常気象はアジアの大気汚染が原因? »

2007年3月 7日 (水)

がん抑制 遺伝子「p53」が心不全を誘発?

 損傷した遺伝子を修復する為に細胞分裂を停止させる機能を持った遺伝子「p53」は癌の発生・増殖を抑える働きが有ることがしれていますが、心臓では血管の細胞の増殖を阻害してしまうとのこと。
●関連記事
がん抑制の「善玉」遺伝子、心不全では「悪玉」演じる(2007年3月5日14時34分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
千葉大学大学院医学研究院・医学部

|

« 経済産業省、太平洋沖のメタンハイドレート埋蔵量、天然ガス換算で14年分を確認 | トップページ | 米科学者論文、北米の異常気象はアジアの大気汚染が原因? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14181034

この記事へのトラックバック一覧です: がん抑制 遺伝子「p53」が心不全を誘発?:

« 経済産業省、太平洋沖のメタンハイドレート埋蔵量、天然ガス換算で14年分を確認 | トップページ | 米科学者論文、北米の異常気象はアジアの大気汚染が原因? »