« 東京大学、30kgを持上げ66kgを引き寄せる能力のある人型ロボットを開発 | トップページ | トキの自然放鳥へ「野生復帰ステーション」完成 »

2007年3月30日 (金)

NASA開発「オンデマンド水素生成装置」

 マグネシウムと水を反応させて水素を取出す「Hydratus」という装置とのこと。
 マグネシウムという固体を燃料にするので、今までの水素燃料の機関より使い勝手が良さそうですね。
●関連記事
NASA開発の「オンデマンド水素生成装置」、燃料電池車の救世主となるか(2007/03/29 10:17)(CNET Japan)

◎ワシントン大学、ほとんど電力を使用しない色が変わるレンズを開発
 有機酸化物を利用することで、製造コスト・消費電力を抑えることに成功したそうです。
 実用化はまだ数年後の予定。
 
 面白いですね、トンネルなど急に明るさが変わるところで色を変化させることが出来るサングラスとなると便利かも。
●関連記事
色が変わる「スマートサングラス」、米大学が開発(2007年03月29日 17時24分)(ITmedia News)
●関連URL
uwnews.org | 'Smart' sunglasses and goggles let users adjust shade and color | University of Washington News and Information(Mar. 27, 2007)

|

« 東京大学、30kgを持上げ66kgを引き寄せる能力のある人型ロボットを開発 | トップページ | トキの自然放鳥へ「野生復帰ステーション」完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14462066

この記事へのトラックバック一覧です: NASA開発「オンデマンド水素生成装置」:

« 東京大学、30kgを持上げ66kgを引き寄せる能力のある人型ロボットを開発 | トップページ | トキの自然放鳥へ「野生復帰ステーション」完成 »