« テレビ神奈川を含むUHF6局が共同番組製作へ「東名阪ネット6」を立ち上げ | トップページ | すばる望遠鏡、20万光年ものびるガス雲を撮影 »

2007年3月 7日 (水)

ロシア、2006年2月28日に打ち上げたプロトン・ロケットの最終ブースターが漂流中に突然爆発、大量のデブリ発生

 本来なら、余った燃料を安全に処理するか地球に落としてデブリと成のを防ぐのですが、打上失敗により制御できず漂流していたそうです。
 今回の爆発で、2007年1月に中国が行った衛星破壊実験を上回るデブリが発生しているそうです。

 今回のは事故ですね、打上失敗で漂流している危険なロケットを安全に(かつ安価に)除去する方法って無いのかなぁ。。
# 中国が、衛星破壊実験でのデブリを今回のことにかこつけて、責任逃れしそうな予感が・・
●関連記事
漂流中のブースターが中軌道で突然爆発、大量のデブリ発生(2007年03月06日 7:40)(スラッシュドットジャパン)

|

« テレビ神奈川を含むUHF6局が共同番組製作へ「東名阪ネット6」を立ち上げ | トップページ | すばる望遠鏡、20万光年ものびるガス雲を撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14170772

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア、2006年2月28日に打ち上げたプロトン・ロケットの最終ブースターが漂流中に突然爆発、大量のデブリ発生:

« テレビ神奈川を含むUHF6局が共同番組製作へ「東名阪ネット6」を立ち上げ | トップページ | すばる望遠鏡、20万光年ものびるガス雲を撮影 »