« Symantec、ノートン 360を発売 | トップページ | がん抑制 遺伝子「p53」が心不全を誘発? »

2007年3月 7日 (水)

経済産業省、太平洋沖のメタンハイドレート埋蔵量、天然ガス換算で14年分を確認

 太平洋沖のメタンハイドレートで(天然ガス換算で)14年分を確認したとのこと。推定で100年分の埋蔵量があるとも言われているそうです。
 原油との価格差で実用化が遅れていましたが、原油高になり、ようやく商用化が本格化しそうとのこと。
●関連記事
メタンハイドレート、天然ガス換算で14年分埋蔵・太平洋沖(23:31)(NIKKEI NET:経済)
静岡沖で、大量の埋蔵メタンガス発見 - 東京(Tue, 06 Mar 2007 22:09:17 +0900)(AFP BB News - BETA -)
●関連URL
東部南海トラフのメタンハイドレート資源量評価結果について(07/03/05)(METI/経済産業省)

|

« Symantec、ノートン 360を発売 | トップページ | がん抑制 遺伝子「p53」が心不全を誘発? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14170819

この記事へのトラックバック一覧です: 経済産業省、太平洋沖のメタンハイドレート埋蔵量、天然ガス換算で14年分を確認:

« Symantec、ノートン 360を発売 | トップページ | がん抑制 遺伝子「p53」が心不全を誘発? »