« Virtual PC 2007日本語版も含む正式版が無償公開へ | トップページ | 電気通信大学、匿名メール相互通信手法を開発 »

2007年2月21日 (水)

マイクロソフト、Windows XPで自動更新機能にライセンス確認ツールを2月20日から追加

 WGAN(WGA Notifications)というWGA(Windows Genuine Advantage)を行うためのツールが自動更新機能に追加されるとのこと。
 インストールはユーザの任意で、アンインストールは出来ません。

 プロダクトキーが正規のものでなかった場合、Windows Updateなどの機能/サービスが利用できなくなります。
 ただし、自動更新機能による重要なセキュリティアップデートは利用可能。これは、脆弱性のあるPCが蔓延し悪意のあるソフトに感染するのを回避するため。
 
 ライセンス確認が上手く行かなかった場合、ユーザ側の落ち度がない場合は無償交換(ライセンスの再発行?)されます。正規品ではない場合も正規品への移行が可能な「WGA Kit」の購入が可能とのこと。 「WGA Kit」の価格は非公開。
 
 私は、WGANを既にインストール済み。幾つかのベータ版のダウンロードにWGANによる正規品の確認が必要だったので。
●関連記事
「あなたのWindows本物ですか?」--MS、自動更新機能でWindowsのライセンス確認(2007/02/20 17:14:01)(ZDNet Japan)
Windows XPの自動更新に不正ライセンス通知ツールが追加(2007年2月20日)(Impress PC Watch)
マイクロソフト、正規ライセンスチェック機能“Windows Genuine Advantage Notifications”についての説明会を開催 (2007年2月20日)(ASCII24.com)
MS、XPユーザー向け正規Windowsの認証サービスを開始 - WGA Notifications(2007/2/20)(MYCOMジャーナル)
●関連URL
『Windows Genuine Advantage Notifications(正規 Windows 推奨プログラムの通知機能/サービス)』を開始 ~22 言語の Windows(R) XP ユーザーを対象に提供~(2007 年 2 月 20 日 (Japan))(マイクロソフト)

|

« Virtual PC 2007日本語版も含む正式版が無償公開へ | トップページ | 電気通信大学、匿名メール相互通信手法を開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/13999547

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト、Windows XPで自動更新機能にライセンス確認ツールを2月20日から追加:

» Windows XPの自動更新に不正ライセンス通知ツールが追加されたそうです。 [もこ茶の携帯・モバイル徹底活用!]
ども!もこ茶です[:ラッキー:][:パン:] Microsoftは、日本をはじめとする22言語のWindows XPユーザー向けに、自動更新機能による正規ライセンス認証通知サービスを追加したことを発表しました[:モグモグ:][:win:] Microsoftでは、2005年7月から「Windows Genuine Advantage」(WGA)と呼ばれるライセンスの認証プログラムを導入しています[:イヒヒ:] これまでは、Windows Update/Microsoft Update/... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 02時02分

» WGAが自動更新でも配布されることになりました。 [携帯機器・技術情報局!]
Microsoftは、Windows XPユーザー向けに、自動更新機能による正規ライセンス認証通知サービスを追加したことを発表しました WGAはWindowsの正規ライセンスを確認するためのソフトで、導入以来、世界中で5億台以上のパソコンで実行されているそうでして、そのうち約22%、日本国内では約7%が不正なライセンスを使用していたらしいです 人気blogランキングに参加しています! ←クリックして1票... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 02時03分

« Virtual PC 2007日本語版も含む正式版が無償公開へ | トップページ | 電気通信大学、匿名メール相互通信手法を開発 »