« 滋賀県、地球観測衛星「だいち」を利用した不法投棄の早期発見へ | トップページ | 負の誘電率をもつ電子ガスの実在が初めて証明される »

2007年2月26日 (月)

兵庫県丹波市で、白亜紀前期の大型草食恐竜ティタノサウルス類の化石が見つかる

 推定全長中数メートルという大高の草食恐竜で、全身骨格が発掘される可能性があるそうです。
 
 丹波市では、この発見を利用して町おこしを行おうと計画中とのこと。
■追記
 続々発見中。
●関連記事
白亜紀前期の草食恐竜を発掘 過疎の山里、化石に沸く(2007/02/25 11:57)(文化|カルチャー|Sankei WEB)
大型草食恐竜化石また10個見つかる 兵庫・丹波(2007/03/01 08:20)(科学|カルチャー|Sankei WEB)
●関連URL
恐竜発掘情報(兵庫県丹波市)
恐竜化石発掘の最新情報(兵庫県立 人と自然の博物館)

|

« 滋賀県、地球観測衛星「だいち」を利用した不法投棄の早期発見へ | トップページ | 負の誘電率をもつ電子ガスの実在が初めて証明される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14059443

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県丹波市で、白亜紀前期の大型草食恐竜ティタノサウルス類の化石が見つかる:

« 滋賀県、地球観測衛星「だいち」を利用した不法投棄の早期発見へ | トップページ | 負の誘電率をもつ電子ガスの実在が初めて証明される »