« 「オスロ・クラスター爆弾会議」22から開催、クラスター爆弾禁止を目指す | トップページ | 景観配慮型の携帯基地局が増加 »

2007年2月22日 (木)

「赤ちゃんポスト」の設置について熊本市が厚労省と協議へ

 慈恵病院が設置申請をしている「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」の法解釈,法整備などについて熊本市は厚生労働省の見解を求めました。
 厚生労働省は、設置を認める見解を示しました。すぐに設置が許可されませんが、設置の方向に傾きましたね。
 
 設置の是非については、正直、判りません。ただ、現在導入されている欧州のような効果が得られるのかは疑問だと思います。。
●関連記事
赤ちゃんポスト:熊本市が認可方針 厚労省と協議、判断へ(2007年2月21日 21時51分)(今日の話題:MSN毎日インタラクティブ)
「赤ちゃんポスト」設置めぐり国と協議へ 熊本市長(2007年02月21日23時57分)(asahi.com > 暮らし)
厚労省、赤ちゃんポスト設置認める 病院には安全責任(2007年02月22日20時15分)(asahi.com > 暮らし)
●関連URL
慈恵病院
こうのとりのゆりかごの現在の状況について

|

« 「オスロ・クラスター爆弾会議」22から開催、クラスター爆弾禁止を目指す | トップページ | 景観配慮型の携帯基地局が増加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/14011924

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤ちゃんポスト」の設置について熊本市が厚労省と協議へ:

« 「オスロ・クラスター爆弾会議」22から開催、クラスター爆弾禁止を目指す | トップページ | 景観配慮型の携帯基地局が増加 »