« マグロ関係の統合プロジェクトチーム「まぐろ研究所」2007年2月1日設立へ | トップページ | 日本学術会議、TV番組などの化学実験にも科学者規範を求める談話 »

2007年2月 1日 (木)

第48次南極観測隊、ドームふじ基地で、3035mの氷りを採取

 2008年01月26日、4年にわたる採掘作業が完了したとのこと。最終採掘地点は深さ3035.22mで古代の気象状況が推測できるとのこと。
 岩盤までは到達できなかったそうですが、岩の欠片や水も採取したようです。水からは南極の氷の下で生息している微生物が見つかる可能性が期待されています。
 
 その南極観測も、南極基地開設・観測開始50周年とのこと。
●関連記事
南極掘削3035メートル、古代の氷採取 観測隊(2007年01月27日)(asahi.com:サイエンス)
南極観測50周年 記念式典を開く(2007年01月30日00時06分)(asahi.com:社会)
●関連URL
国立極地研究所

|

« マグロ関係の統合プロジェクトチーム「まぐろ研究所」2007年2月1日設立へ | トップページ | 日本学術会議、TV番組などの化学実験にも科学者規範を求める談話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/13739161

この記事へのトラックバック一覧です: 第48次南極観測隊、ドームふじ基地で、3035mの氷りを採取:

« マグロ関係の統合プロジェクトチーム「まぐろ研究所」2007年2月1日設立へ | トップページ | 日本学術会議、TV番組などの化学実験にも科学者規範を求める談話 »