« 産業技術総合研究所・北海道医療大学、神経を抜かない重い虫歯治療技術を開発 | トップページ | 横浜市、「ハマちゃんバス」2007年3月末で運行終了へ採算取れず »

2007年2月 1日 (木)

2007年2月上旬より「黒いまな板」発売へ

 何故黒いかというと、白内障などの視覚障害者でも物を認識しやすくするために、白系統が多い食材が目立つ黒色のまな板が効果的とのこと。
 京セラと日本点字図書館の共同開発品で、日本点字図書館(東京都新宿区)で発売されるとのこと。また、ネット通販もあり。

 まな板には、カラフルな物が幾つかありますが、素材が目立つような色の物はそういえばありませんね。案外黒い方が料理しやすいかも?
●関連記事
「くっきり見える」黒いまな板発売へ(2007年01月24日19時02分)(asahi.com:ビジネス)
●関連URL
京セラ株式会社
日本点字図書館
商品名 薄まな板 黒

|

« 産業技術総合研究所・北海道医療大学、神経を抜かない重い虫歯治療技術を開発 | トップページ | 横浜市、「ハマちゃんバス」2007年3月末で運行終了へ採算取れず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/13739193

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年2月上旬より「黒いまな板」発売へ:

« 産業技術総合研究所・北海道医療大学、神経を抜かない重い虫歯治療技術を開発 | トップページ | 横浜市、「ハマちゃんバス」2007年3月末で運行終了へ採算取れず »