« 政府、カタカナ語の乱用批判を受けて制度の名称を変更 | トップページ | 神奈川、東京、千葉の臨海部 海上交通の運行実験 »

2007年2月 7日 (水)

環境省、温泉の10年ごとの成分再分析を義務づけへ

 温泉成分は何時までも同じとは限らないのですし、時期によっても変化はあるのですから再分析は必要ですね。
 たしか、毎月温泉成分を再分析して表示している温泉ホテルがありました、こういう所は信頼できると思います。
最近、源泉掛け流しが当然?なんていう風潮がありますがこれはちょっと変というのか、そういう温泉ってそんなに沢山あるわけではないだろうというのが。。
●関連記事
温泉成分、10年ごとに再分析義務づけへ 環境省(2007年02月06日23時49分)(asahi.com:暮らし)
●関連URL
「温泉資源の保護対策及び温泉の成分に係る情報提供の在り方等について」に係る中央環境審議会答申について(平成19年2月6日)(環境省)

|

« 政府、カタカナ語の乱用批判を受けて制度の名称を変更 | トップページ | 神奈川、東京、千葉の臨海部 海上交通の運行実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/13819242

この記事へのトラックバック一覧です: 環境省、温泉の10年ごとの成分再分析を義務づけへ:

« 政府、カタカナ語の乱用批判を受けて制度の名称を変更 | トップページ | 神奈川、東京、千葉の臨海部 海上交通の運行実験 »