« 高速増殖原型炉「もんじゅ」の後継となる実証炉の研究開発本格化へ | トップページ | 理化学研究所、リングサイクロトロン完成しファーストビームの発生に成功 »

2006年12月29日 (金)

警察庁、道路交通法改正試案をまとめ。飲酒運転やひき逃げを厳罰化

 2007年度中に施行を目指しています。
 今回の改正で逃げ得が解消されるといいのですが。。
 大きな所では、同乗者への罰則が新設されますね。後部座席シートベルト着用の義務化は当然でしょうね。
●関連記事
飲酒運転、同乗も懲役 ひき逃げ厳罰化 道交法改正試案(2006年12月28日12時51分)(asahi.com:社会)
酒酔い懲役5年以下 飲酒運転厳罰化 警察庁試案(2006/12/28 11:02)(災害事故|社会|Sankei WEB)
飲酒運転の厳罰化、同乗者にも罰則…道交法改正案(2006年12月28日11時2分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
警察庁
道路交通法(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

|

« 高速増殖原型炉「もんじゅ」の後継となる実証炉の研究開発本格化へ | トップページ | 理化学研究所、リングサイクロトロン完成しファーストビームの発生に成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/13246619

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁、道路交通法改正試案をまとめ。飲酒運転やひき逃げを厳罰化:

« 高速増殖原型炉「もんじゅ」の後継となる実証炉の研究開発本格化へ | トップページ | 理化学研究所、リングサイクロトロン完成しファーストビームの発生に成功 »