« 環境審専門委員会、CO2の改訂の地下への埋設の案をまとめ | トップページ | 公正取引委員会、楽天などが地位を乱用して出店業者に圧力を掛けていると発表 »

2006年12月29日 (金)

日本レジストリサービス、プログラムでの日本語ドメイン名の扱い方法のガイドラインを公開

 日本語ドメイン名URLをクリッカブルにする方法をまとめてあるそうです。対応するソフトは最初は何処かな?

 で、正直なところ日本語URLはどの程度広がっているのでしょうか?
 個人的に、「駅名.jp」(たとえば http://国際展示場正門駅.jp/ )はよく利用していますが・・あ、秀丸ではクリッカブルには(当然)成らないですね。
●関連記事
日本語ドメイン名をクリッカブルに、JPRSがメーラー開発者向けにガイドライン(2006年12月27日 18時50分)(ITmedia News)
●関連URL
JPRSが電子メール中の日本語ドメイン名URLをクリック可能にするためのソフトウェア開発者用ガイドラインを公開- 日本語ドメイン名を持つWebページのアクセス性向上へ -(2006年12月27日)(株式会社日本レジストリサービス / JPRS)
「電子メール本文中の日本語ドメイン名URLをクリックできるようにするには」(日本語.jp)

|

« 環境審専門委員会、CO2の改訂の地下への埋設の案をまとめ | トップページ | 公正取引委員会、楽天などが地位を乱用して出店業者に圧力を掛けていると発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/13246612

この記事へのトラックバック一覧です: 日本レジストリサービス、プログラムでの日本語ドメイン名の扱い方法のガイドラインを公開:

« 環境審専門委員会、CO2の改訂の地下への埋設の案をまとめ | トップページ | 公正取引委員会、楽天などが地位を乱用して出店業者に圧力を掛けていると発表 »