« Google デスクトップ v4.5 日本語版リリース | トップページ | 厚生労働省、便秘と大腸ガンに因果関係はないとの調査結果 »

2006年12月22日 (金)

腸内細菌で肥満の治療が可能に?

 腸内細菌は、大別してバクテロイデス(B)類かファーミキューテス(F)類の2つのグループに分けることが出来るそうで。
 肥満の人はバクテロイデス類が少ない傾向にあるそうです。バクテロイデス類の最近は食事からのカロリーの吸収を助ける能力があるようですね。
 
 意図的に腸内細菌の状態を変えることで肥満治療の効果が期待できるそうですが、、ビフィズス菌とかの乳酸菌はどちらになるのだろう?
●関連記事
肥満、腸内細菌で決まる?…米ワシントン大(2006年12月21日3時2分)(科学 : YOMIURI ONLINE)

|

« Google デスクトップ v4.5 日本語版リリース | トップページ | 厚生労働省、便秘と大腸ガンに因果関係はないとの調査結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/13165067

この記事へのトラックバック一覧です: 腸内細菌で肥満の治療が可能に?:

« Google デスクトップ v4.5 日本語版リリース | トップページ | 厚生労働省、便秘と大腸ガンに因果関係はないとの調査結果 »