« 厚生労働省、便秘と大腸ガンに因果関係はないとの調査結果 | トップページ | NASA、スペースシャトル ディスカバリー、ケネディ宇宙センターに帰還 »

2006年12月22日 (金)

HIVの母子感染をほぼ完全に予防できる出産方法が確立。

 HIVに感染した母胎からの出産の時、陣痛前に帝王切開し抗ウイルス薬の投与でほぼ完全に子供への感染を防止できることが判ったそうです。
●関連記事
HIV母子感染 陣痛前に帝王切開、抗ウィルス薬投与で防止(2006/12/21 01:54)(健康|生活・健康|Sankei WEB)

|

« 厚生労働省、便秘と大腸ガンに因果関係はないとの調査結果 | トップページ | NASA、スペースシャトル ディスカバリー、ケネディ宇宙センターに帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/13165100

この記事へのトラックバック一覧です: HIVの母子感染をほぼ完全に予防できる出産方法が確立。:

« 厚生労働省、便秘と大腸ガンに因果関係はないとの調査結果 | トップページ | NASA、スペースシャトル ディスカバリー、ケネディ宇宙センターに帰還 »