« 中部電力、永久磁石を回転させて冷やす「室温磁気冷凍システム」を開発 | トップページ | IRS、川崎駅地下街「アゼリア」でレスキューロボットの実証実験 »

2006年11月 8日 (水)

日立、脳血液量の変化を利用しするインターフェースの実験に成功

 まだ限定したものの様です。
●関連記事
日立、脳血液量の変化で機器を操作するインターフェース技術の実験に成功(2006/11/06 20:44)(CNET Japan)
「考えるだけ」でスイッチ切り替え、日立が実験成功(2006年11月6日20時26分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
光トポグラフィを用いて脳活動に伴う脳内の血液量を測定し機器を操作するブレイン・マシン・インタフェースの原理実験に成功(2006年11月6日)(日立製作所)
●関連blog・掲示板
日立が「考えるだけでスイッチを切り替える」実験に成功(2006年11月07日 9時44分)(スラッシュドットジャパン)

|

« 中部電力、永久磁石を回転させて冷やす「室温磁気冷凍システム」を開発 | トップページ | IRS、川崎駅地下街「アゼリア」でレスキューロボットの実証実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12601565

この記事へのトラックバック一覧です: 日立、脳血液量の変化を利用しするインターフェースの実験に成功:

« 中部電力、永久磁石を回転させて冷やす「室温磁気冷凍システム」を開発 | トップページ | IRS、川崎駅地下街「アゼリア」でレスキューロボットの実証実験 »