« すばる望遠鏡、レーザーガイド星生成システムで観測精度の向上に成功 | トップページ | M-Vロケットの残映 »

2006年11月23日 (木)

NASA、火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーでの観測を終了へ

 活動予定を大きく超えて9年も活動していましたが、先日ついに通信途絶してしまいました。運用終了へとなる可能性が高いとのこと。
 現在の状況を他の火星探査機で探索しようとしていましたがまだ見つからず、探査車も導入する予定とか。
●関連記事
9年活躍の最古火星探査機、通信途絶で観測終了へ(2006年11月22日11時11分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
迷子の火星探査機、後輩の捜索実らず 探査車も投入(2006年11月22日)(asahi.com:サイエンス)
●関連URL
NASA - NASA's Mars Global Surveyor May Be at Mission's End

|

« すばる望遠鏡、レーザーガイド星生成システムで観測精度の向上に成功 | トップページ | M-Vロケットの残映 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12790503

この記事へのトラックバック一覧です: NASA、火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーでの観測を終了へ:

« すばる望遠鏡、レーザーガイド星生成システムで観測精度の向上に成功 | トップページ | M-Vロケットの残映 »