« シマンテック、統合セキュリティソフト、ノートン360英語β版を公開 | トップページ | Windows Vistaの新文字セットでトラブルが起きる可能性 »

2006年11月28日 (火)

産業技術総合研究所、FPGAを利用した高速ウイルスチェックシステムを開発

 ハードウェアなので、ソフトウェアでの動作に比べ高速に動作するのが特徴。
 また、書き換え可能なので最新の状態に自動更新も可能とのこと。
 
 また、富士通もハードウェアによる通信回線の信頼性を確認するシステムを開発した模様。
●関連記事
産総研、書き換え可能なLSI活用した高速ウイルスチェックシステムを開発(2006/11/24 17:38)(CNET Japan)
●関連URL
書き換え可能なハードウェアによる高速ウイルスチェックシステムの開発 -水際でコンピュータウイルスを撃退-(11月22日)(産業技術総合研究所)

|

« シマンテック、統合セキュリティソフト、ノートン360英語β版を公開 | トップページ | Windows Vistaの新文字セットでトラブルが起きる可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12853033

この記事へのトラックバック一覧です: 産業技術総合研究所、FPGAを利用した高速ウイルスチェックシステムを開発:

» 【FPGA/CPLDスレ】XILINX/ALTERA/Lattice [ものヲつくる!]
【FPGA/CPLDスレ】XILINX/ALTERA/Lattice [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 21時01分

« シマンテック、統合セキュリティソフト、ノートン360英語β版を公開 | トップページ | Windows Vistaの新文字セットでトラブルが起きる可能性 »