« Wikipediaを悪用してマルウェアの配布 | トップページ | 研究団体、海産物の乱獲と環境悪化を警告する研究結果 »

2006年11月 7日 (火)

「月刊天文」、2007年1月号からしばらくの間 休刊へ

 11月1日発売の12月号を最後にしばらくの間、休刊とのこと。 主な要因は、編集長が体調不良で入院し長期療養が必要になったため。

 宇宙への関心自体は別に衰えているわけではないと思います、冥王星の矮惑星へ降格の時も広く話題になりましたし。でも、コアな天文ファンを除くと、気軽に宇宙に興味を持つ人が継続して興味を持ち続けることが出来ないように感じます。
ユーザ側の意識の問題なのか、メディアなどでの取り上げ方が専門的に偏りすぎているのか・・どうなんでしょうねぇ。
●関連記事
カシオペア座に変光星、岡山と茨城のアマ天文家が発見(2006年11月6日10時39分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
「月刊天文」(地人書館)
『月刊天文』休刊のお知らせ
●関連blog・掲示板
「月刊天文」が休刊(2006年11月06日 10時00分)(スラッシュドットジャパン)

|

« Wikipediaを悪用してマルウェアの配布 | トップページ | 研究団体、海産物の乱獲と環境悪化を警告する研究結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12587650

この記事へのトラックバック一覧です: 「月刊天文」、2007年1月号からしばらくの間 休刊へ:

« Wikipediaを悪用してマルウェアの配布 | トップページ | 研究団体、海産物の乱獲と環境悪化を警告する研究結果 »