« ヤマハ、水素燃料電池で動くスクーターを開発 | トップページ | ハワイ島沖地震で「すばる望遠鏡 」の観測精度が低下 »

2006年10月21日 (土)

猫特有の尿の臭いの元のたんぱく質「コーキシン」

 コーキシン(cauxin)というものが、猫の尿特有の匂いの元だそうです。
 また、オスの方がコーキシンを多く含むのそうです。うまくコーキシンを分解することが出来るのなら、猫の尿の匂いに悩んでいる人に朗報になるかもしれませんね。
●関連記事
猫の尿:臭いにおいは特有のたんぱく質で作成(2006年10月21日 1時05分)(今日の話題:MSN毎日インタラクティブ)
猫の臭い尿、特別なたんぱく質が原因 岩手大など解明(2006年10月21日08時00分)(asahi.com:社会)
●関連URL
岩手大学 農学部 農業生命科学科 生物機能科学講座(平 秀晴 教授)
理化学研究所 フロンティア研究システム 生体超分子グループ(宮崎 雅雄:基礎科学特別研究員)
●関連blog・掲示板
猫の尿の臭いの元、とりあえずみつかる(2006年10月21日 9:45)(スラッシュドットジャパン)

|

« ヤマハ、水素燃料電池で動くスクーターを開発 | トップページ | ハワイ島沖地震で「すばる望遠鏡 」の観測精度が低下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12369376

この記事へのトラックバック一覧です: 猫特有の尿の臭いの元のたんぱく質「コーキシン」:

« ヤマハ、水素燃料電池で動くスクーターを開発 | トップページ | ハワイ島沖地震で「すばる望遠鏡 」の観測精度が低下 »