« NTT DoCoMo携帯電話のデータ管理ソフトを無償提供 | トップページ | 北朝鮮の核実験関係 »

2006年10月 9日 (月)

パソコン指腱鞘炎

 パソコン指腱鞘炎というのは初めて聞きました。キーボード打ちすぎでの腱鞘炎は時々聞きますし、私もややなりかけたことがあります。
 
 で、予防として長時間の利用を避けることを求めていますね。
 それ以外にも楽な姿勢で同じ動作を繰り返さないようにするというのも手です。
 タッチパネルやタブレットを使用したり、トラックボールにしてみるとか。
 
 私は使用時の形が自由に取ることが出来る、KensingtonのExpert Mouseを使っています。トラックボール、良いと思うんですけどね、使っている人が少ないのか、新しいデバイスになれるのを面倒がるのか、、使用者が少ないのが悲しいです。
●関連記事
「パソコン指腱鞘炎」 クリック誘発“新現代病”(10/08 22:45)(Sankei Web > 生活・文化)
コロコロの誘惑――“私的”トラックボール論(2004/09/21 12:51)(ITmediaアンカーデスク)
●関連URL
トラックボール(Kensington)(七陽商事)

|

« NTT DoCoMo携帯電話のデータ管理ソフトを無償提供 | トップページ | 北朝鮮の核実験関係 »

コメント

 私は、家ではLogicoolのコードレスレーザーマウスMX1000、店では同社のトラックボールMarbleMouse ST-45UPi(左右対称の本体で小さめのボール)を使ってます。正直慣れだとは思いますが、やはり正確な位置にポイントを置くとなるとマウスのほうが使いやすいですね。

 考えるに、第一はポインターの動作範囲の違い。次に手首と肘の使い方に慣れてるか否か。
 うちのST-45UPiはポインターの動作は最高に、加速度も高にしてますが、それでもまだボールの動作範囲が広く指が疲れやすいです。まああまり高速になっても正確で細かい動きがより難しくなるだけですが。
 マウスの場合は大きいけども動かす範囲は手首を支点にしてるため指だけより横に広く疲れにくいです。

 で、ニュースの腱鞘炎のケースは指先ということで、これだと多分トラックボールでも同じでしょう。たいていのボールは指先側にありますし。ケンジントンのは大きくて手のひら側で使えるからまだいいかもしれないけどやはり正確に使うには慣れが必要。

 一番いいのは小さめのタブレットじゃないですかね。ただしペンは加工なり何かつけるなりして落としにくく持ちやすいものにする。普通のペンと同じに考えて筆圧を高くしすぎるとこれまた腱鞘炎になりかねないから、持つ力を助けるユニバーサルデザインの補助具があればいいと思います。
 あとは指先マウスとかもいいかな。
 タッチスクリーンもありますが、費用がかさばる上に同じだけ使えばより手が疲れるだけでしょうね。

投稿: やずみ | 2006年10月10日 (火) 15時19分

 トラックボールMarbleMouse ST-45UPiは一時期 会社のPCで使用していました、ボールが一寸小さく、細かいポイントが難しいですね。ボールはある程度の大きさは必要です。
 トラックボール自体は元々CADやレーダの端末などに利用されていた経緯があるので、正確なポイント自体はマウスよりも優れています。ケンジントンのは昔ながらの形状と言っていいでしょう。指先でボール操作を行うようなタイプはPCが広まってからの製品ですね。
 逆に自由曲線やポイントのドラッグのような作業は非常に苦手ですね。

 私は、家ではLogicoolのコードレスレーザーマウスMX1000、店では同社のトラックボールMarbleMouse ST-45UPi(左右対称の本体で小さめのボール)を使ってます。正直慣れだとは思いますが、やはり正確な位置にポイントを置くとなるとマウスのほうが使いやすいですね。

 タッチスクリーンは初心者には直感的で良いのですが、慣れてくると直感的な分煩わしくなってきますね。
 タッチスクリーンよりタッチパットの方が面白いかもしれません、タブレットのようにペンを持つ必要がありませんし、今は無理ですが、複数の指を同時に認識できる要なら、全然違う使い方が出来るかもしれないですね。

投稿: 神子秋沙 | 2006年10月12日 (木) 07時25分

 そうでした、タッチパッドというものもありました。ノート使わないからすっかり忘れてました。
 普段のマウスやトラックボールからすると範囲が小さすぎる気もしますが、指先だけでやるならちょうどいいような。タブレットよりも場所もとらないし。

 指二本を個別に認識というのは難しいですね。指示する指側になにかつけて、センサーで読み取るようにすればそう難しくはなさそうですが。ってそれじゃ指先マウスのほうが簡単なよーな(二個分の認識はソフトウェアでできそうだ)。

投稿: やずみ | 2006年10月13日 (金) 11時52分

 昨日から軽い腱鞘炎になりました。左手の親指付け根です。今日は朝から痛くてシップしてました。

 ……えーと、名付けるならPSP腱鞘炎でしょうか。みんな『ガンダム・バトルロワイヤル』が悪いのよ……前作に比べてZ時代のMSのスピード速いんだもの、おっつかないですよ。何か十字ボタンに貼らんといかんなぁ。

投稿: やずみ | 2006年10月15日 (日) 21時30分

 ゲーム腱鞘炎というのも有りますね。
一時的なものですから、ちゃんと対応すれば良いのですが、何度も成ってしまうと本物の腱鞘炎に成りかねないです。

 くれぐれもやり過ぎにはご注意を。(^_^;

投稿: 神子秋沙 | 2006年10月16日 (月) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12211149

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン指腱鞘炎:

« NTT DoCoMo携帯電話のデータ管理ソフトを無償提供 | トップページ | 北朝鮮の核実験関係 »