« 経済産業省、改正消費生活用製品安全法の運用ルール案をまとめる、2007年春施行へ | トップページ | マイクロソフト、IE7英語 正式版リリース »

2006年10月19日 (木)

武蔵野大学、フラボノイドの一種フィセチン摂取で記憶力向上を動物で確認

 野菜や果物とくにイチゴに多く含まれるフラボノイドの一種フィセチンが記憶力の向上に効果があるらしいです。
 人間への効果は不明。
●関連記事
記憶力:「フィセチン」摂取で向上? 動物で確認(2006年10月17日 21時02分)(科学:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
武蔵野大学 薬学研究所 薬理学研究室

|

« 経済産業省、改正消費生活用製品安全法の運用ルール案をまとめる、2007年春施行へ | トップページ | マイクロソフト、IE7英語 正式版リリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12337717

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野大学、フラボノイドの一種フィセチン摂取で記憶力向上を動物で確認:

« 経済産業省、改正消費生活用製品安全法の運用ルール案をまとめる、2007年春施行へ | トップページ | マイクロソフト、IE7英語 正式版リリース »