« 日本野鳥の会、羽田空港 神奈川口構想で橋梁案見直しの要望書提出 | トップページ | NASA、太陽観測衛星2基の打上げ成功 »

2006年10月26日 (木)

日本大学、泥酔中に無事帰宅する能力を解明

 面白いですね。
 前後不覚になっていてもしっかり帰宅できる理由が判らなかったのですが、経路を記憶している専門の脳細胞があるようです。
 もしかして、方向音痴も関係がある?
●関連記事
泥酔無事帰宅の“能力”に脳の神経細胞が寄与(2006年10月25日11時7分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
日本大学 大学院 総合科学研究科 生命科学専攻(泰羅 雅登 教授)

|

« 日本野鳥の会、羽田空港 神奈川口構想で橋梁案見直しの要望書提出 | トップページ | NASA、太陽観測衛星2基の打上げ成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12432957

この記事へのトラックバック一覧です: 日本大学、泥酔中に無事帰宅する能力を解明:

« 日本野鳥の会、羽田空港 神奈川口構想で橋梁案見直しの要望書提出 | トップページ | NASA、太陽観測衛星2基の打上げ成功 »