« グリーンピース・ジャパン、「遺伝子組み換え」使用食品ガイドの「トゥルーフード・ガイド」発行 | トップページ | 日立、湾への外来生態系持ち込みの主要因のバラスト水浄化技術 »

2006年10月 2日 (月)

長野県、里に出てきたクマの駆除数が多すぎて、今期の猟自粛要請へ

 11月15日に熊猟が解禁されますが、その前に人里に出てきたために駆除された頭数が長野県の保護管理計画の150頭を超える232頭に成ってしまったため。
 まだまだ人里へ食料を求めて下りてくる熊はでるでしょうし、かといって頭数自体は増えておらず、頭が痛い問題ですね。
●関連記事
長野県、ツキノワグマ猟自粛要請へ…捕殺計画数突破で(2006年9月30日15時50分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
国際クマ会議始まる アジア初の開催 長野・軽井沢(2006年10月02日18時40分)(asahi.com:社会)
●関連URL
2006年国際クマ会議

|

« グリーンピース・ジャパン、「遺伝子組み換え」使用食品ガイドの「トゥルーフード・ガイド」発行 | トップページ | 日立、湾への外来生態系持ち込みの主要因のバラスト水浄化技術 »

コメント

こんにちは。小生の師匠は熊観察を18年間続けています。
http://www.yokotaworld.com/

投稿: 熊大好き | 2006年10月 2日 (月) 16時56分

熊大好き さん、こんにちは。

 えっと、彼方此方でコメントされているようですが・・

投稿: 神子秋沙 | 2006年10月 3日 (火) 00時05分

神子さん、一人でも多くの方に見てもらいたくてコメントしてます。

投稿: 熊大好き | 2006年10月 6日 (金) 00時18分

熊大好き さん、こんにちは。

 そうですか、その辺の説明が少々不足しているように思います。
当初、各ブログにコメントを多く残していることかコメントスパムを疑ってしまいました。

 紹介していただいたサイトは素晴らしいサイトだと思います。ありがとうございました。

 これからも宜しくお願いします。

投稿: 神子秋沙 | 2006年10月 6日 (金) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12120168

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県、里に出てきたクマの駆除数が多すぎて、今期の猟自粛要請へ:

« グリーンピース・ジャパン、「遺伝子組み換え」使用食品ガイドの「トゥルーフード・ガイド」発行 | トップページ | 日立、湾への外来生態系持ち込みの主要因のバラスト水浄化技術 »