« 実用的な?水陸両用車ハイドラスパイダー | トップページ | アイスランド、商業捕鯨再開へ »

2006年10月19日 (木)

東京都臨海部、水上交通や親水施設の整備が進む

 東京都臨海部で水上バスや親水公園の整備が進んでいるそうです。最近出来てきた大規模マンション・商業施設は駅から遠かったり道路の便が悪かったりすることが多いです。(埋め立て地のため出入り口が限られる)
 で、水上交通が見直されてきているとのこと。
 
 ついでなら、水陸両用バスで・・・(^_^;

 また、臨海部のマンション・商業施設の開発が増えたため、東京都「運河ルネッサンス事業」として色々な公共施設を整備するようです。

 個人的な希望ですが、水上交通は横浜(みなとみらい,八景島,川崎)と東京(芝浦,お台場,豊洲),千葉(葛西,舞浜,幕張)を結ぶ海路交通網が出来ると面白いなぁ。
 横浜の海岸開発は、、赤レンガ倉庫と大桟橋の間の「象の鼻地区」を再開発するみたいです。が、個人的には横浜市中央卸売市場本場の近くにある米軍の倉庫はいい加減無くなって欲しいと思います。
●関連記事
「水の都」復活へ、東京臨海部で水上交通など整備相次ぐ(2006/10/18)(NIKKEI NET:地域経済)
●関連URL
TOKYO SHOW BOAT(観光汽船興業)(リニューアル中)
海上交通(横浜みなとみらい21公式ウェブサイト)

|

« 実用的な?水陸両用車ハイドラスパイダー | トップページ | アイスランド、商業捕鯨再開へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12337711

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都臨海部、水上交通や親水施設の整備が進む:

« 実用的な?水陸両用車ハイドラスパイダー | トップページ | アイスランド、商業捕鯨再開へ »