« 武蔵野大学、フラボノイドの一種フィセチン摂取で記憶力向上を動物で確認 | トップページ | マイクロソフト、社内向けプライバシーガイドライン英語版を一般提供開始 »

2006年10月19日 (木)

マイクロソフト、IE7英語 正式版リリース

 日本語版は年内にリリースされる予定。
 Firefox2よりも早くリリースしたかったのかな?日本語版はFirefox2の方が早そうですね。

 ブラウザの動作が大分変わっているので、IE6でないと上手く見れなかったページで影響がでる可能性が高いです。
 IE7英語ベータ版をインストールしているユーザには今週からWindowsUpdate(MicrosoftUpdate)のリストに加わるとのこと。
 一般ユーザには、日本ではIE7リリースから6ヶ月後にWindowsUpdate(MicrosoftUpdate)で提供する予定になっています。もし「優先度の高いプログラム」にて提供する場合は大抵の人は大して考えずに適用してしまいかねません。十分な移行期間を設けいるつもりでしょうけど、ユーザなんて余裕が有れば間際まで忘れている物です。
 せめて「追加選択(ソフトウェア)」にしてくれればいいのですが・・
■追記
 さっそく、脆弱性が指摘されてます。(^_^;
 まぁ、それだけ注目されているのでしょうけど。
●関連URL
Internet Explorer 7: Home(英語)(マイクロソフト)
Microsoft Internet Explorer 7 : ホーム(マイクロソフト)

●関連記事
Microsoft、IE 7正式版をリリース(2006年10月19日 09時21分)(ITmedia News)
米Yahoo!、MSより先にIE 7をリリース(2006年10月19日 08時54分)(ITmedia News)
マイクロソフト、「Internet Explorer 7」正式版を提供開始(2006/10/19 10:04)(CNET Japan)
Microsoft、「Internet Explorer 7」の英語正式版を公開~他言語版も数週間以内に順次リリース(2006年10月19日)(Impress PC Watch)
「Internet Explorer 7」の英語版が正式リリース(2006/10/19 12:06)(Impress Internet Watch)
SecuniaがIE7の脆弱性を早くも警告、IE6にも存在する“mhtml:”の脆弱性(2006/10/19 18:45)(Impress INTERNET Watch)
早くもIE 7の脆弱性指摘(2006年10月19日 17時44分)(ITmedia エンタープライズ)

|

« 武蔵野大学、フラボノイドの一種フィセチン摂取で記憶力向上を動物で確認 | トップページ | マイクロソフト、社内向けプライバシーガイドライン英語版を一般提供開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12343190

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト、IE7英語 正式版リリース:

« 武蔵野大学、フラボノイドの一種フィセチン摂取で記憶力向上を動物で確認 | トップページ | マイクロソフト、社内向けプライバシーガイドライン英語版を一般提供開始 »