« Wirefly X PRIZE Cup10月20,21日開催 | トップページ | 東京大学、マルチマウスソフトを開発 »

2006年10月25日 (水)

GXロケットの開発続行に

 エンジンの開発に難航しているそうですが・・開発予定を1年遅らせて続行が決まったそうです。
 正直、なんでLNG(液化天然ガス)燃料という難しい燃料を使用しようというのかなぁ。

 開発元とか違うのは判っていますが、
 M-Vの固体燃料だって規格統一と量産効果の低価格化を狙わず全品特注だから値が張るという理由で中断してしまったし、よく判らないです。なんでM-Vの運用を1年延ばせないのかな?
●関連記事
官民で開発のGXロケット、5年遅れで開発続行へ(2006年10月24日)(asahi.com:サイエンス)
GXロケット:開発費3.5倍以上に 宇宙開発委中間評価(2006年10月24日 22時05分)(科学:MSN毎日インタラクティブ)
中型ロケット「GX」文科省小委、批判的な中間評価案(2006年10月24日21時22分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
ギャラクシーエクスプレス

|

« Wirefly X PRIZE Cup10月20,21日開催 | トップページ | 東京大学、マルチマウスソフトを開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12421144

この記事へのトラックバック一覧です: GXロケットの開発続行に:

« Wirefly X PRIZE Cup10月20,21日開催 | トップページ | 東京大学、マルチマウスソフトを開発 »