« ゲーム産業の人材育成がどんどん困難に | トップページ | マイクロソフト、2006年10月 月例外アップデート? »

2006年10月14日 (土)

クローン猫ビジネス2006年末で廃業へ

 クローンの猫を生み出しても毛の模様が異なっている,クーロン猫の成功率が低く採算性が悪い、など色々な問題が解決できなかったことが原因とのこと。
 同じDNAを引き継いでいても、毛の模様など成長の過程で決まる物もあるので、どうしても全く同一の個体にはならないようですね。

 しかし、増えすぎて処分されているのも多いのに、なんとも やりきれない不公平感ですね。
●関連記事
クローン猫売れず、廃業へ 米企業「毛の模様が違う」(2006年10月13日16時12分)(asahi.com:国際)
捨て犬・猫「半減」目標 今後10年で 環境審議会指針(2006年10月14日11時55分)(asahi.com:暮らし)
●関連URL
○ジェネティック・セービングス・アンド・クローン(GSC)社日本語サイト、サイトが無くなっている?
 www.gsc-jp.com
Genetic Savings and Clone - the leading provider of pet gene banking and pet cloning services.

|

« ゲーム産業の人材育成がどんどん困難に | トップページ | マイクロソフト、2006年10月 月例外アップデート? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12275259

この記事へのトラックバック一覧です: クローン猫ビジネス2006年末で廃業へ:

« ゲーム産業の人材育成がどんどん困難に | トップページ | マイクロソフト、2006年10月 月例外アップデート? »